実引数を省略できる場合

Python
スポンサーリンク


Python学習中の者です。学習したことを書いておきます。

スポンサーリンク

実引数を省略できる場合

関数を呼び出すときに実引数を省略できる場合があります。デフォルト値を設定してある場合です。

例えば引数を2つ取る関数 f(a,b)について、呼び出し時にf(1)のように実引数を省略して書くことができます。

デフォルト値の設定例は以下のようになります。

def func(a, b = 100):
    print("a {} b {}".format(a, b))
    
func(1,2)    
func(1)

上のコードでデフォルト値の設定は1行目の b = 100 の部分です。
こうしておくと関数の呼び出し時に実引数が省略された場合は仮引数にはデフォルト値が設定されます。

結果
a 1 b 2
a 1 b 100

関数の呼び出し func(1) は 2番目の実引数の値が省略されたのでデフォルト値(100)がbに渡されています。

この記事は以上です。

新・明解Python入門 | 柴田 望洋 | コンピュータ・IT | Kindleストア | Amazon
Amazonで柴田 望洋の新・明解Python入門。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。
Python
スポンサーリンク
長良川ノート