「Visual Studio 2019」のテキストエディタでVimを使用する方法

ソフト使用法
スポンサーリンク

この記事ではVisual Studio 2019のテキストエディタでVimを使う方法を説明しています。

スポンサーリンク

拡張機能の管理

Visual Studio 2019のテキストエディタでVimを使用するにはVsVimという拡張機能をインストールします。

Visual Studio 2019を起動し、メニューから「拡張機能」→ 「拡張機能の管理」をクリックします。 

拡張機能の管理を開く



「拡張機能の管理」で右上の検索窓にVsVimと入手して虫眼鏡をクリックします。

中央のカラムに検索結果としてVsVimが表示されるので「ダウンロード」をクリック。

VsVimをダウンロード

「閉じる」を押して「拡張機能の管理」を閉じます。  

拡張機能の管理を閉じる

「Visual Studio 2019」自体も alt + F4 などで閉じます。 

スポンサーリンク

「VSIX Installer」が勝手に起動される

そうすると「VSIX Installer」が勝手に起動されます。これが拡張機能のインストーラーです。

タスクバーをみると見慣れないアイコンが見つかると思うのでそれをクリックして「VSIX Installer」を画面に表示させてください。

VSIX Installer

「VSIX Installer」の「Modify」をクリック。  

VSIX Installerの「Modify」をクリック

VsVimのインストールが開始されます。 インストールには2,3分かかりました。

VsVimのインストールが開始される

インストールが完了しました。

VsVimのインストール完了

Visual Studio 2019を起動します。

画面左下部に「Welcome to VsVim Version 2.8.0.0」などと表示されていればVsVimインストールが成功しています。 

Welcome to VsVim Version 2.8.0.0などの表示

この記事は以上です。

作って楽しむプログラミング Visual C++ 2019超入門 | WINGSプロジェクト, 山田 祥寛 |本 | 通販 | Amazon
AmazonでWINGSプロジェクト, 山田 祥寛の作って楽しむプログラミング Visual C++ 2019超入門。アマゾンならポイント還元本が多数。WINGSプロジェクト, 山田 祥寛作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また作って楽しむプログラミング Visual C++ 2019超入門もアマゾン配送商品...