松江への憧れ 「水の都に雨が降る」【バーチャルで移住】

雑記
スポンサーリンク

「水の都に雨が降る」

「水の都に雨が降る」という曲をご存じでしょうか?

この曲を初めて聞いたのはラジオでした。今から5年以上前のことだと思います。

nhkのお昼の時間帯に「ここはふるさと 旅するラジオ」という番組をやっていました。

この番組の中で流れていました。この番組は毎回違う場所から放送するのですが、

その日は島根県松江市からの放送でした。

毎回その土地にゆかりのある人がゲストとして招かれアナウンサーとショートトークをしたりします。 

その回は松江市在住の浜田真理子さんという方がゲストでした。

この方が「水の都に雨が降る」を歌っていたのです。たぶん生放送だと思います。

上のリンクから再生してもらうとわかる通り静かで透明感のある曲です。

1回聞いただけでこの曲のファンになってしまいました。

そのときは曲名、歌手名など聞き逃し、ネットで検索したのですがなんという曲で誰が歌っているかわかりませんでした。

後日(3年以上あとだろうと思います)見つけることができました。

この曲を聴いてから松江に興味を持つようになりました。

曲の雰囲気そのままに静かでしっとりとした街なんだろうと勝手に想像しています。

実際に引っ越して住むことはできませんが今は便利なものがあります。インターネットです。

松江に住んだらどんな感じの生活になるだろうか?というのをGoogleマップやネットの情報を使って考えてみました。

松江市のデータ

面積: 573 km²
人口: 20.62万 (2015年)

日本海と宍道湖に面した島根県の県庁所在地。

静かなところに住みたい

賃貸住宅検索サイトのホームズで調べてみました。

松江市の西川津町という地域が家賃が安いです。島根大学のそばで、学生向けの安いアパートがあるのだと思います。

住宅街の中のアパートなのでまわりは多分静かだと思います。

食料をどこで調達するか? 日常の買い物

ネットで調べたところ「まるごう 川津店」が近いです。Googleマップのストリートビューで見ると駐車場がかなり広いです。毎日食べるものはここで調達すればよさそうです。

まるごうとは?

鳥取県米子市に本部を置き、鳥取、島根の両県でスーパーマーケットを運営しています。
25店舗展開していて、鳥取県西部、島根県東部ではメジャーなスーパーのようです。

マニアックなものが欲しいとき 

近所のスーパーに売ってないものはこっちで買えばいいと思いました。

イオン松江。 

テナント数は101店舗。
駐車台数 2,043台。

ここへ行けばなんでもありそうです。

書店 

イオン松江の2Fに宮脇書店があります。宮脇書店があればほしい本はだいたい入手できそうです。

まとめ 松江のことを調べての感想

スーパー「まるごう」は初めて知りました。このような記事を書かなかったら多分ずっと知らないまま日常を過ごしていたと思います。

何かを調べることでで知らなかったことがわかるというのはどんな分野の情報でもうれしいものだと思いました。

自分の中では松江はずっと「水の都に雨が降る」のイメージです。

この記事は以上です。