渡部陽一さんの米俵日記

雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク

メモを書き留める習慣

ネットラジオで渡部陽一さんの話を聞きました。「武内陶子の午後らじ」に出演していたのです。番組内で次のようなことを話していました。渡辺さんは気になることがあると、メモを取る習慣があるということです。例えば、ニュースでトランプ大統領が言った言葉とか。そういう発言は人気取りのためのパフォーマンス、アピールであったりするのですが、そういうものを書き留めておく習慣があるそうです。

スポンサーリンク

手元にあるものに書きつける

学生時代からの習慣とのこと。新聞の余白や、喫茶店のナプキンなど、手元にあるものに書き付けたりすることもあるということです。

上の画像はそういう紙片をノートに張り付けたところの想像図です。そうするとそのノートはだんだん厚みを増して、膨れ上がっていくといいます。

厚みを増すノート
スポンサーリンク

連結するのが好き

1冊ノートが終わると2冊目を1冊目に連結するとのこと。渡辺さんは何でも一つにくっつけていくのが好きなようです。そうやってノートを連結していくとアコーディオンのようになるといいます。

アコーディオンを上から見た図

最後には米俵のよう丸くなるになるといっていました。

それ以上は増冊できず、また1から始めるらしいです。そのような米俵日記が部屋の中にゴロゴロしているとのこと。「そんな日常を送っている毎日です」と渡部さんは言います。米俵日記は重さ7キロ、50センチくらいの樽のような形状だそうです。あと、上記の画像はラジオを聞いての、かってな想像図です。実際の米俵日記、画像でいいので見てみたい。

スポンサーリンク

米俵日記で表現に磨きをかける

渡部さんのしゃべりの印象は情景描写がわかりやすく、映像が頭に浮かんできます。カメラマンだから言葉も視覚的に表現するのがうまい。そう思っていたがそれだけではなかったようです。米俵日記が渡部さんの表現に磨きをかけていたのだ。

戦場カメラマンの仕事術 (光文社新書) | 渡部 陽一 | 写真 | Kindleストア | Amazon
Amazonで渡部 陽一の戦場カメラマンの仕事術 (光文社新書)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。