スペイン語文法のテキストを探す(1)

語学

こんにちは長良川です。英語学習の最中ですが別の言語を学習したくなりました。

正確には自分なりの語学習得の方法がわかってきた(つかめてきた)気がするのでそれを試してみたい。そういうことでスペイン語の習得を目指します。(なお、ここでいう習得はネットのスペイン語サイトを読んで理解できるとか、スペイン語動画を見て理解できるという意味です。スペイン語でコミュニケーションを取れるというのは含みません。)


格別スペインが好きだとかそういうこともなくて、中国語やアラビア語よりは簡単そうだという勝手なイメージで決めました。

私の考えている語学習得法は大雑把に言うと
①簡単な文法学習をする
②学習したレベルの文を読む。
③ 文法のレベルを上げて①と②をする
④ ③を繰り返す

です。

スポンサーリンク

スペイン語文法のテキストを探す

まず、スペイン語文法学習のためのテキストを探します。

私が文法テキストに求めることは次の2点

音声がついていること

ネットでの評価が高いこと。

スペイン語は英語に比べるとマイナーな言語です(世界では、日本語よりは圧倒的に使われていますが)。書店に行ってもスペイン語コーナーにはあまり本が置いていない。英語コーナーと比較するとその差は歴然。なので、手に取って比較するということができない。自然、ネットでの情報を参考にするしかない。

ということでネットで検索しました。

「スペイン語 文法 テキスト おすすめ」で。

ヒットしたサイトを5つ見て、その中で説得力のあるサイトがおすすめしているテキストをアマゾンで調べてみました。

ちなみに重複して紹介されていたテキストは
「文法から学べるスペイン語」 3回。
「新版 スペイン語の入門」 2回。
「やさしいスペイン語文法」 2回
「驚くほど身につくスペイン語」 2回。 です。 

こちらのサイトが説得力を感じました。

3冊紹介されていました。1冊は単語帳で2冊が文法書です。そのうちの初心者向けテキスト「驚くほど身につくスペイン語」をアマゾンで調べてみました。

「驚くほど身につくスペイン語」をアマゾンで調べた

レビューによるとこの本は次のような感じです。

文法のレベルは英文法でいうと中学1,2年レベル。最も基礎的レベルのようです。
日常会話を中心に構成。
第6章以外のほぼすべての本文の音声がついている。

高評価から低評価までまんべんなく評価されています。

低評価のレビューでは、文法の解説が簡略化されすぎているというのが多かった。説明不足でわかりにくいと。

高評価のレビューではその裏返しで、文法が詳しくないのがいい方に評価されていました。

いずれにしてもこの本は文法解説は大雑把ということはわかりました。あと、音声cdの評価は高い。

あるレビューの中では「30日で学べるスペイン語文法」の方が文法解説が分かりやすいと書いてありました。

文法解説を重視するかどうかはいまのところ考え中なのですが、興味があったの「30日で学べるスペイン語文法」もアマゾンで調べてみました。

次回は「30日で学べるスペイン語文法」を調べた結果などを書きたいと思います。

語学
スポンサーリンク
長良川ノート